2015年4月16日木曜日

ドワーダシー(12日目)の朝

॥ {श्रीः हरिः ॥

エーカーダシー(月齢11日目)の次の日は、ドワーダシー(月齢12日目)。

ドワーダシーの朝食も、エーカーダシーのファスティングと同じくらい意味があります。

私は、ドワーダシーの朝食の前には、ラーマ・ストゥティである、

アーパドゥッダーラカ・ストートラ(आपदुद्धारक-स्तोत्रम्)をチャンティングしています。


昨日、リシケシのアシュラムに住んでいる良く知っているテルグ人のおばさまから、

彼女の息子の嫁を通して、はるばる南インドまでやってきた、揚げお菓子をいただきました。

エーカーダシーだったから食べられなかったので、今朝の楽しみにしていました。

すごく辛かった!

上は、Vishnusahasranamastotramの本です。その中にさっきのストートラや、

ラリータ・サハッスラ・ナーマも収録されています。


ちなみに、写真を撮り忘れましたが、今日のアシュラムの朝ごはんは、
・ グリーンピース
・ パン
・ 春雨みたいなの
・ ココナッツ・チャツネー
・ オートミール
でした。


ちなみに、私がこの数年、ヒンドゥ暦の参考につかっているのが、このパンチャーンガです。

エーカーダシーや月食などを知るために使っています。

さすがインド、パンチャーンガが地域や宗派によって何種類もあって、どれも微妙に違う。


Medha みちかの関連サイト

  • ヴェーダーンタの教えは誰の為? - ヴェーダーンタの教えが、ヨガ教室だけに閉じ込められているのは勿体ないと思い、 コラムを書いてみました。 ヴェーダーンタの教えは、 幸せについて真剣に考えだした、あらゆる人の為にあるものです。 この世の中に溢れている見せかけのゴールが、見せかけであると見抜けていて、 じゃあ、自分の本当に欲しいもの、本当のゴールと...
  • 中動態? - 「~する」という能動態でも、「~される」という受動態でもない、 その中間にあるのが、「中動態」なのだそうです。 それについて、哲学者の國分功一郎さんが議論されている記事を興味深く拝読しました。 古代ギリシャ語の態は、能動態・受動態・中動態の3つに分類されていたそうですが、 Wikipediaには、「サンス...
  • エーカーダシー・カレンダー 2017年~2018年  - 新月/満月から数えて約11日目は、エーカーダシーと呼ばれる日で、 ファスティングして心を清めるのに良い日とされています。 こちらをご参考に: エーカーダシーとは エーカーダシーをするときは、サンカルパが大事です。 心も身体も清潔に、モウナムを心がけて、 チャンティングやジャパなどをして過ごしましょう。 ...
  • 質問11: ベジタリアンになって栄養失調になった人の話を聞きます。 - そのような例がブログで紹介されていたりしますが、 オルトレキシアの良い例のようですね。 オルトレキシアとは、 ”極端もしくは過度な先入観によって引き起こされる摂食障害や精神障害” (Wikipediaより) 世界で何億人という人が、何世代も、肉や魚を食べずに、 健康で楽しく生きている現実を無視して、 ほん...
  • 新刊『サンスクリットの祈りの詩節集』 を発刊しました - [image: http://amzn.to/2dG8big] 本日10月11日のヴィジャヤ・ダシャミーという吉日に、 新刊『サンスクリットの祈りの詩節集』 のKindle版を発刊し、 紙の書籍版『サンスクリットの祈りの詩節集』(白黒・カラー)の入稿を済ませました。 音源はこちらからダウンロードできます。 ...
  • 神々を身近に感じる生き方、ヒンドゥイズム - 広大なインドの、どの地域のどの村でも、 ヴェーダの伝統が残る場所に行って、 そこなへんにいるおじさんやおばさんに、 「神様はどこにいますか?」 という質問をしたならば、 必ず驚いてキョトンとした顔をされるでしょう。 なぜなら、 「ここにある全ては神様(バガヴァーン)」 なのですから。 神様のい...