2015年4月25日土曜日

オーシャン・フィーリング「私は宇宙」


長年の間、多くの人とシェアしたいと思いつつ躊躇っていたことを、
今日思い切って文章にしてみると、すらすらと出てきました。


~~~~~~~~~~~~

意識的に「わたしはヴェジタリアンで通す」と決めてから、

毎日生きているのが楽しくなってきた。

地球の住人、すなわち宇宙の住人として、

調和の取れた正しい選択をしたからだと思う。

身体が細胞レベルで常に新陳代謝をしているように、

ミクロのレベルでも、そして宇宙と言う巨大なマクロのレベルでも、

呼吸をするように、全てが常に変化し、循環を続けている。

生物のレベルでは、食物連鎖がそれを良く表している。

知能を持った人間として、正しい選択をした私は、

食物連鎖の中で、

宇宙のジオ・ポジショニングの中で、

すんなりと適切な場所に収まっている。

だから、それが心地よくて、楽しくて、嬉しくて仕方ない。


私が呼吸するたびに、二酸化炭素が宇宙にリリースされる。

そして身体の中に酸素が取り込まれる。

常に、一瞬も休むことなく、

私の身体は、宇宙との循環を続けている。

ということは、私の身体という実体など無い、ということである。


私は、私の身体を持ってして、この世の中で生活をしているけど、

私という存在は、瞬間ごとに変化している、儚い存在だ。

常に変化しているがゆえに、物質的に「これだ」と言えることは出来ない。

私という存在は、単なるコンセプトなのだ。

でも、私は存在している。

今、私がここにいて、意識的な存在として考えているのだから、

それには疑いの余地は無い。

でも、身体で見ると、私は一瞬たりとも定めることの出来ない、とても儚い存在だ。

もし「これが私だ」と定めるとしたら、

それは、宇宙しかない。

宇宙が私なのだ。

身体が儚い存在だからゆえに、

私という存在は、1つの宇宙でしか在り得ない。

私が宇宙なのだ。


食べたり、食べられたり、食物連鎖や生成と破壊といった、

ミクロとマクロの循環をしている、

大きなひとつの塊、宇宙。

それは私でしかあり得ない。

なぜなら、今、ここに、私が居るのだから。

そんな私は、たまたま何かの偶然で、

この小さくて儚い身体の中から、

その事実を楽しむことになっているだけ。

そして私は楽しんでいる。


このようなロジカルな思考に耽っていると、

恍惚とした幸せな気持ちに満たされて、

自分は頭がおかしくなったのではないか?

でもロジカルに考えているだけなのに?!

と思っていた。

後で知ったけど、このような感情を「オーシャン・フィーリング」と呼ぶらしい。


そして、ヴェーダーンタを勉強するようになってから知ったけど、

人が幸せに感じる時というのは、

自分が何も求めていない状態、

自分と対象物の間にある分け隔てを、意識していない状態

ということを知った。

それゆえに人は、好きなものを手に入れたとき、それを経験しているとき、

自然の景色を見ているとき、思考や感覚が麻痺しているとき、

寝ている時、幸せを感じる。


自分の小ささを経験しなくて済む状態、

自分と対立するものが無い状態、

そんな状態にある自分が大好きなのだ。


幸せというのは、自分の本質、つまり何の境界もない、

ただ一つの意識的な存在なのだ。


「私は宇宙」という理解も、自分を小さくしている境界線が取り払われて、

境界の無いひとつの宇宙という存在で自分を認識していたから、

幸せを感じたのだろう。


そんな考えに至り、そんな考えがすんなりと来る心を持てたのも、

始まりは、自分が宇宙と調和する選択をしたことだった。

~~~~~~~~~~~~

Medha みちかの関連サイト

  • ヴェーダーンタの教えは誰の為? - ヴェーダーンタの教えが、ヨガ教室だけに閉じ込められているのは勿体ないと思い、 コラムを書いてみました。 ヴェーダーンタの教えは、 幸せについて真剣に考えだした、あらゆる人の為にあるものです。 この世の中に溢れている見せかけのゴールが、見せかけであると見抜けていて、 じゃあ、自分の本当に欲しいもの、本当のゴールと...
  • 中動態? - 「~する」という能動態でも、「~される」という受動態でもない、 その中間にあるのが、「中動態」なのだそうです。 それについて、哲学者の國分功一郎さんが議論されている記事を興味深く拝読しました。 古代ギリシャ語の態は、能動態・受動態・中動態の3つに分類されていたそうですが、 Wikipediaには、「サンス...
  • エーカーダシー・カレンダー 2017年~2018年  - 新月/満月から数えて約11日目は、エーカーダシーと呼ばれる日で、 ファスティングして心を清めるのに良い日とされています。 こちらをご参考に: エーカーダシーとは エーカーダシーをするときは、サンカルパが大事です。 心も身体も清潔に、モウナムを心がけて、 チャンティングやジャパなどをして過ごしましょう。 ...
  • 質問11: ベジタリアンになって栄養失調になった人の話を聞きます。 - そのような例がブログで紹介されていたりしますが、 オルトレキシアの良い例のようですね。 オルトレキシアとは、 ”極端もしくは過度な先入観によって引き起こされる摂食障害や精神障害” (Wikipediaより) 世界で何億人という人が、何世代も、肉や魚を食べずに、 健康で楽しく生きている現実を無視して、 ほん...
  • 新刊『サンスクリットの祈りの詩節集』 を発刊しました - [image: http://amzn.to/2dG8big] 本日10月11日のヴィジャヤ・ダシャミーという吉日に、 新刊『サンスクリットの祈りの詩節集』 のKindle版を発刊し、 紙の書籍版『サンスクリットの祈りの詩節集』(白黒・カラー)の入稿を済ませました。 音源はこちらからダウンロードできます。 ...
  • 神々を身近に感じる生き方、ヒンドゥイズム - 広大なインドの、どの地域のどの村でも、 ヴェーダの伝統が残る場所に行って、 そこなへんにいるおじさんやおばさんに、 「神様はどこにいますか?」 という質問をしたならば、 必ず驚いてキョトンとした顔をされるでしょう。 なぜなら、 「ここにある全ては神様(バガヴァーン)」 なのですから。 神様のい...