2015年4月7日火曜日

記念日などで誰かがスポンサーしてくれた時の典型的な豪華メニュー

アシュラムは、食事のみならず、全ては寄付によって運営されています。

ヒンドゥーでは、誕生日などのお祝いごと、お正月やお祭りなどの特別な日、親戚の命日、といったいろいろな記念日に、普段よりも特別に豪華な食事を施す習慣があります。

文献の勉強に直截的・間接的(料理人、ハウスキーパー、洗濯やさんの人など)に携わる人皆一様に、尊敬を示して。伝統を支えたい、という気持ちからの行為です。

日本の感覚ではどうか知りませんが、
これは豪華です。

外国から来て、アシュラムを「タダでご飯を食べさせてくれる場所」という感覚で利用している人達も多く、それはそれで喜ばしいことですが、せっかくインドに比べたら遥かに経済的優位に立っているという幸福な運命に恵まれたのですから、スポンサーする側に立ってみることをお勧めします。

日本でだったら、個人で知らない人達に対して炊き出しするなんて、よっぽどのことがないと出来ません。

しかし、インドなら、思い立てはすぐに実行出来ます。日本のデパートで衝動買いしたり、ちょっと豪華なディナーにかかる費用で、何百人の人に喜んでもらえ、伝統の一端を担う人物になれるのですから、とてもお徳だと思います。


・ サヤインゲンのカレー
・ 人参と豆のココナッツ炒め
・ 麦飯
・ パパド(薄い小麦粉の煎餅)
・ 麦と黒砂糖、ドライフルーツの甘いお粥



Medha みちかの関連サイト

  • ヴェーダーンタの教えは誰の為? - ヴェーダーンタの教えが、ヨガ教室だけに閉じ込められているのは勿体ないと思い、 コラムを書いてみました。 ヴェーダーンタの教えは、 幸せについて真剣に考えだした、あらゆる人の為にあるものです。 この世の中に溢れている見せかけのゴールが、見せかけであると見抜けていて、 じゃあ、自分の本当に欲しいもの、本当のゴールと...
  • 中動態? - 「~する」という能動態でも、「~される」という受動態でもない、 その中間にあるのが、「中動態」なのだそうです。 それについて、哲学者の國分功一郎さんが議論されている記事を興味深く拝読しました。 古代ギリシャ語の態は、能動態・受動態・中動態の3つに分類されていたそうですが、 Wikipediaには、「サンス...
  • エーカーダシー・カレンダー 2017年~2018年  - 新月/満月から数えて約11日目は、エーカーダシーと呼ばれる日で、 ファスティングして心を清めるのに良い日とされています。 こちらをご参考に: エーカーダシーとは エーカーダシーをするときは、サンカルパが大事です。 心も身体も清潔に、モウナムを心がけて、 チャンティングやジャパなどをして過ごしましょう。 ...
  • 質問11: ベジタリアンになって栄養失調になった人の話を聞きます。 - そのような例がブログで紹介されていたりしますが、 オルトレキシアの良い例のようですね。 オルトレキシアとは、 ”極端もしくは過度な先入観によって引き起こされる摂食障害や精神障害” (Wikipediaより) 世界で何億人という人が、何世代も、肉や魚を食べずに、 健康で楽しく生きている現実を無視して、 ほん...
  • 新刊『サンスクリットの祈りの詩節集』 を発刊しました - [image: http://amzn.to/2dG8big] 本日10月11日のヴィジャヤ・ダシャミーという吉日に、 新刊『サンスクリットの祈りの詩節集』 のKindle版を発刊し、 紙の書籍版『サンスクリットの祈りの詩節集』(白黒・カラー)の入稿を済ませました。 音源はこちらからダウンロードできます。 ...
  • 神々を身近に感じる生き方、ヒンドゥイズム - 広大なインドの、どの地域のどの村でも、 ヴェーダの伝統が残る場所に行って、 そこなへんにいるおじさんやおばさんに、 「神様はどこにいますか?」 という質問をしたならば、 必ず驚いてキョトンとした顔をされるでしょう。 なぜなら、 「ここにある全ては神様(バガヴァーン)」 なのですから。 神様のい...