2015年8月5日水曜日

ヨーガの先生カンナンさんとジュンさんのアンナ・ダーナ@スワミジのナクシャットラ誕生日

インド本来のヨーガを実践し、研究し、教えていらっしゃる

ジュンさん&カンナンさんカップルが、

プージャ・スワミジのナクシャットラ誕生日という縁起の良い日に、

アンナ(食べ物)・ダーナ(施し)をされました。

スワミジ、そしてジュンさん&カンナンさん

おめでとうございます


今日は特別な日なので、多くの人がコントリビュート(貢献)されていましたが、
ジュンさん&カンナンさんは1番!でした。

特別な日は、アイテムも増える。
3年コースの生徒が毎日配膳をしてくれます。

特別な日=揚げ物+南インド=ヴァダイ

インドでは「ダーナ(与えること)」という行為が、とても尊敬されています。

本当の人間の豊かさ、つまり精神的な成長・こころの大きさ、とは、

「どれだけ所有しているか」ではなく「どれだけ与えたか」にあります。

与えられるようになるためには、与えるしかありません。

日本では「余っているからあげる」という考え方があって、

「あの人はお金が有り余ってるからダーナが出来る」と、

受け取る傾向があるようです。

10与えているのなら、1000は持っているはずだ、と。

自分には出来ないけど、あの人達は違う、と切り離してしまう考え方がある。


インドでは「どうにか工面してでも与える」という価値感があります。

5しか持っていなくても、いろいろかき集めて10にして全てを与える。

そんな風にダーナを実践する人々が多くいます。


インドの文化で、なぜそこまでダーナが重視されるのかというと、

それが人間を成長を促す最も効果的な手段であり、

また、人間の成長を最も良く表現している行為だからです。


人間の精神的成長の為にデザインされた暮らし=ヒンドゥーの生活様式

のあるインドには、ダーナをする機会が沢山あります。


「インドで、人生観をガラリと変える体験がしたいのだけど、何をすればいいですか?」

と訊かれたら、私は必ず「アンナ・ダーナ!」と答えています。


Medha みちかの関連サイト

  • ヴェーダーンタの教えは誰の為? - ヴェーダーンタの教えが、ヨガ教室だけに閉じ込められているのは勿体ないと思い、 コラムを書いてみました。 ヴェーダーンタの教えは、 幸せについて真剣に考えだした、あらゆる人の為にあるものです。 この世の中に溢れている見せかけのゴールが、見せかけであると見抜けていて、 じゃあ、自分の本当に欲しいもの、本当のゴールと...
  • 中動態? - 「~する」という能動態でも、「~される」という受動態でもない、 その中間にあるのが、「中動態」なのだそうです。 それについて、哲学者の國分功一郎さんが議論されている記事を興味深く拝読しました。 古代ギリシャ語の態は、能動態・受動態・中動態の3つに分類されていたそうですが、 Wikipediaには、「サンス...
  • エーカーダシー・カレンダー 2017年~2018年  - 新月/満月から数えて約11日目は、エーカーダシーと呼ばれる日で、 ファスティングして心を清めるのに良い日とされています。 こちらをご参考に: エーカーダシーとは エーカーダシーをするときは、サンカルパが大事です。 心も身体も清潔に、モウナムを心がけて、 チャンティングやジャパなどをして過ごしましょう。 ...
  • 質問11: ベジタリアンになって栄養失調になった人の話を聞きます。 - そのような例がブログで紹介されていたりしますが、 オルトレキシアの良い例のようですね。 オルトレキシアとは、 ”極端もしくは過度な先入観によって引き起こされる摂食障害や精神障害” (Wikipediaより) 世界で何億人という人が、何世代も、肉や魚を食べずに、 健康で楽しく生きている現実を無視して、 ほん...
  • 新刊『サンスクリットの祈りの詩節集』 を発刊しました - [image: http://amzn.to/2dG8big] 本日10月11日のヴィジャヤ・ダシャミーという吉日に、 新刊『サンスクリットの祈りの詩節集』 のKindle版を発刊し、 紙の書籍版『サンスクリットの祈りの詩節集』(白黒・カラー)の入稿を済ませました。 音源はこちらからダウンロードできます。 ...
  • 神々を身近に感じる生き方、ヒンドゥイズム - 広大なインドの、どの地域のどの村でも、 ヴェーダの伝統が残る場所に行って、 そこなへんにいるおじさんやおばさんに、 「神様はどこにいますか?」 という質問をしたならば、 必ず驚いてキョトンとした顔をされるでしょう。 なぜなら、 「ここにある全ては神様(バガヴァーン)」 なのですから。 神様のい...