2015年7月30日木曜日

インド人、意識高い!と感心した、満月の前夜

今晩のアシュラムは、思いもよらず、テンプルもダイニング・ホールも、

一般の家族連れ訪問者で込み合っている。

木曜日(グルの日)、土曜日(シャニ)、プラドーシャなどは、

外からの訪問者がアシュラムのテンプルに参拝し、

その後晩御飯を食べて帰るのはよくあることだけど、

それにしても今日は人が多い。

ダイニングホールでも、全ての人に食べ物が充分行き渡るようにと、

キッチン・スタッフや、手助けしている学生、マネージャーがてんてこ舞い。

どうしたのかと聞くと、

2日前に突然亡くなった、アブドゥル・カラーム前インド大統領のお葬式が今日に当たり、

国民の大多数に愛され、尊敬されていた前大統領の追悼ということで、

インド全国のビジネスが一斉休業したから、ということ。

これは、政府側と民間側、どちらからも要請ががあったので、

緊急に満場一致で決定されたそうです。

そんなに愛される大統領ってすごいですね。

この2日間、インド人のFBフレンドが多い私のフィードは彼の写真で埋め尽くされていました。


国民の政治に関する意識の高さに敬服しましたが、

「今日休みだね、何する~?」という家族連れが、

「アシュラムにでも行って、テンプル参拝して、ご飯食べて帰ろ~」

って、こぞってアシュラムにやって来る文化も羨ましいです。


プージャ・スワミジのご意志はいつも、

お客さんにはお腹いっぱいご飯を食べてもらう、

人にあげるものはベストのものをあげる、

という精神で、全ての人に接することなので、

キッチンのスタッフも、学生も、マネージャーも、みんなで

一般訪問客にしっかりご飯を食べてもらえるように奔走しているのでした。


こんな世界が、この地球の片隅にあることを、より多くの人に知ってもらいたい、

という思いでこれを書いています。

アシュラムのダイニング・ホール

明日は、グル・プールニマーという特別な満月の日。

よって、明日もアシュラムは混雑が予想され、沢山のプラサーダムとご飯が用意されます。



Medha みちかの関連サイト

  • ヴェーダーンタの教えは誰の為? - ヴェーダーンタの教えが、ヨガ教室だけに閉じ込められているのは勿体ないと思い、 コラムを書いてみました。 ヴェーダーンタの教えは、 幸せについて真剣に考えだした、あらゆる人の為にあるものです。 この世の中に溢れている見せかけのゴールが、見せかけであると見抜けていて、 じゃあ、自分の本当に欲しいもの、本当のゴールと...
  • 中動態? - 「~する」という能動態でも、「~される」という受動態でもない、 その中間にあるのが、「中動態」なのだそうです。 それについて、哲学者の國分功一郎さんが議論されている記事を興味深く拝読しました。 古代ギリシャ語の態は、能動態・受動態・中動態の3つに分類されていたそうですが、 Wikipediaには、「サンス...
  • エーカーダシー・カレンダー 2017年~2018年  - 新月/満月から数えて約11日目は、エーカーダシーと呼ばれる日で、 ファスティングして心を清めるのに良い日とされています。 こちらをご参考に: エーカーダシーとは エーカーダシーをするときは、サンカルパが大事です。 心も身体も清潔に、モウナムを心がけて、 チャンティングやジャパなどをして過ごしましょう。 ...
  • 質問11: ベジタリアンになって栄養失調になった人の話を聞きます。 - そのような例がブログで紹介されていたりしますが、 オルトレキシアの良い例のようですね。 オルトレキシアとは、 ”極端もしくは過度な先入観によって引き起こされる摂食障害や精神障害” (Wikipediaより) 世界で何億人という人が、何世代も、肉や魚を食べずに、 健康で楽しく生きている現実を無視して、 ほん...
  • 新刊『サンスクリットの祈りの詩節集』 を発刊しました - [image: http://amzn.to/2dG8big] 本日10月11日のヴィジャヤ・ダシャミーという吉日に、 新刊『サンスクリットの祈りの詩節集』 のKindle版を発刊し、 紙の書籍版『サンスクリットの祈りの詩節集』(白黒・カラー)の入稿を済ませました。 音源はこちらからダウンロードできます。 ...
  • 神々を身近に感じる生き方、ヒンドゥイズム - 広大なインドの、どの地域のどの村でも、 ヴェーダの伝統が残る場所に行って、 そこなへんにいるおじさんやおばさんに、 「神様はどこにいますか?」 という質問をしたならば、 必ず驚いてキョトンとした顔をされるでしょう。 なぜなら、 「ここにある全ては神様(バガヴァーン)」 なのですから。 神様のい...